老後の資金は2,000万円貯めてありますか?

今日は昭和の日でしたが仕事でした。
母の日までは忙しいので、GWは仕事三昧です。

明日は家の片づけやら夏の準備をしたいので、今夜は一人でゆっくりしながら映画をみました。
今の私にマッチした内容でしたし、こんな風にゆっくりとしたひとり時間の過ごし方もいいな~って思ってます。
私時間の使い方

老後の資金がありません

わが家、子供の進学に貯金を使い果たし、老後の資金がありません。今は、末娘の大学入学の準備と老後の資金を貯蓄中です。

そんな中、”老後の資金がありません”をみました。
もちろん、U-NEXTです。

天海祐希さん主演の映画ですが、現実を突きつけられた感じでした。
最終的に、天海祐希さん演じる夫婦が選んだ老後の生き方って、とても素敵だと思いました。私もあんな老後を送りたいと心から思いましたね。

でも、現実はそうもいきませんが、自分の生き方をちょっと考えてみました。

老後の資金がありませんストーリー

節約しながら質素に暮らしている家庭に、突然降って湧いてくるお金の必要性。
父親が亡くなり葬儀代が300万かかったのを皮切りに、長女の結婚、そして旦那さんの失業、更には自分も満期で退職と、お金が必要なことが続くのに、失業して収入減が経たれます。
その上、浪費家の母親と一緒に暮らすことになり大変な毎日ですが、様々な人と関わっていくうちに、お金に対する価値観などが変化していきます。最終的には全てが丸く収まります。

それぞれが身の丈に合った暮らしを考え直していきます。
自分に必要な物や必要なお金を考えて楽しく暮らせていくようになります。2,000万円の老後資金はなくても、いらない物を手放して快適な暮らしを手に入れます。と、同時に狂った歯車が正常に戻ったようにいい方向に進みます。

私も自分の暮らしを見直していた矢先でしたので、自分とリンクして考えてしまいました。
子育ても終わり夫婦の生活をしているけど、
・老後資金大丈夫?
・老後生活はどうなる?
なんて悩みを持っているなら一度見て欲しいですね。

ただ、この映画のように上手くはいかないのが現実ではありますが、物の価値観や必要なお金に関して考えるきっかけになりますね。

今日は引き続き断捨離

老後の資金を貯めるために必要なのは、断捨離です。
わが家は物が非常に多いんです。特に主人は物がないと不安なのか、いつか使うかもしれない!という物を保管しています。処分したいのですが、怒り出すので手が出せません。
ですから、まずは自分が身軽になろうと毎週末、ボチボチ断捨離しています。

物が少なくなることで、何があって何が足りないのか分かります。
そうなると無駄買いが減ります。その分を貯蓄に回すことができると考えています。

”老後の資金がありません”を見る前から、物の整理整頓をしています。ですが、何年も使っていないのに、使うかもわからないのに・・・捨てられない。そんな自分がいます。ですから、ボチボチ断捨離するようにしています。
不思議ですが、今手放せない物も、時間が経つと手放せるんです。
もちろん、手放せない物もあります。

老後の資金をためるには、不要な物を手放してシンプルになることだと思っています。

年金は65歳からしか貰えない

今、50代だと年金をもらえるのは65歳からですよね。
私の職場にも、60歳以上65歳未満の方が数人いますが、年金が貰えるまで働くと言っておられます。

わが家も今は主人の稼ぎで生活できているので、私の稼ぎは貯蓄と上の子供達の奨学金に回しています。でも、主人が60歳で定年退職したら、我が家はいまのような生活はできません。
もっと慎ましく暮らす必要があります。

お金がなくても楽しく暮らせますが、現在はお金がないと何もできません。
やはりお金は大切です。贅沢しなくても普通に暮らせるだけの老後資金は欲しいです。欲をいえば、時々でいいから旅行にも行きたいし、美味しい物も食べたいから、老後資金は必須だと考えています。

何歳まで働ける?

何歳まで働きますか?働けますか?
できるなら70歳まで働きたいと思っています。最悪、65歳までです。
今の職場はそれが叶います。ですが、給料は決して良くないです。

ですが、私が65歳になるまで続いているのかわかりません。個人経営なので、社長が辞めるといったら私は働けませんから。ですが、続く限りは働きたいです。

働きたい理由は、お金が欲しいのは大前提です。お金+社会と繋がっていたいからです。
本当に田舎だから外にでたいです。

まとめ

わが家、実は借家に住んでいます。近々、主人の実家に引っ越すことになるとは思いますが、リフォーム資金も必要となるのです。老後の資金+リフォーム資金が必要です。主人の退職金はほぼ無いに等しいです。それでも、子供達にはお金をかけてしまいます。本当に本腰入れて貯金していかないと将来泣くことになりそうです。